パワーポイントは近年、仕事でも学校でも
必要不可欠なプレゼンツールとなりつつ
あります。あなたもパワーポイントを極めませんか?
無料テンプレートを使いこなしていますか?




暖色系のテンプレート

無料テンプレートの活用


パワーポイントではテンプレートの使用が1つの見せどころです。

パワーポイントのテンプレートをダウンロードできるところは
いくつかありますが、有料のものや、会員登録が必要なところが
非常に多いのが現実です。

当ブログでは、無料でパワーポイントのテンプレートを
ダウンロードできるところを紹介しております。

暖色系の無料テンプレートなら、下記です。
寒色系の無料テンプレート

無料なのに非常によくまとめられています。
青や緑のテンプレートばかりなので、
暑い夏に海を連想させて、清涼感にひたるも良し。
新緑の季節なども大丈夫かもしれません。

そこで、パワーポイントによるプレゼンのときの色についての参考です。

色によって、人には様々な心理的効果があります。

赤、橙、黄などの「暖色系」と呼ばれる色には「暖かさ」「暑さ」
など温度感を連想させる効果があります。

その一方で、青、青緑などの「寒色系」と呼ばれる色には「冷た
さ」「寒さ」「涼しさ」などの温度感を連想させます。

そうすると、「暖色系」のテンプレートは、夏の暑いさなかには
あまり使用しない方が良いのかと思います。

特に、プレゼンをお聞きになっている方が中高年の小太りの方で、
暑い暑いといつも、汗をかいているような方ですと、夏場は「暖
色系」よりも「寒色系」を使用した方が効果的であります。

また、留意点としては、色はかならずしも、温度感を連想させる
のみならず、「暖色系」は、場合によっては、秋の紅葉を連想さ
せるなどにも注意が必要です。

無料テンプレートを活用して、背景色と文字色をカスタマイズ
してみるのも面白いですね。

また色には、トーンや明度があります。

トーンとは、原色に近いものはビビットといって、活き活きと
して派手さを演出しますが、

ペールトーンやライトトーンなどは、いわゆるパステルカラー
のような感じで、やわらかさ、女性らしさのような雰囲気を演出
します。

また、色の明度は、単純に重いか軽いかといった感じです。
黒であれば、真っ黒なのか灰色なのか、白に近い灰色なのかで
色の重みが違ってきます。

フォーマルは場では、どちらかというと重い色、暖色系ならば
濃い赤をバックにして同系色の少し薄いいろを、様々な箇所に
いれていくのが良いでしょう。

しかし、ナチュラルな自然にリラックスしたプレゼンでは、
色は、薄めのものを使うのが効果的かと思います。
posted by ppt at 00:41 | 無料テンプレート